暑いですね~~。

わが家の庭の草も勢いが増しています。

横目で見ては、気づかぬふリをしていましたが、
あきらめて、今朝は6時30分から、草取り開始。

1時間草取りしましたが、
どこがきれいになったかわからないでいます。笑



庭の片隅の芝をはいで、ちっぽけな家庭菜園?をしています。

家庭菜園といっても、名前だけで、ただ植えるだけ。

草に埋没した家庭菜園のなかから、

今朝はキュウリ5本、おくら、ししとうを収穫しました。

なにも、お世話しないのに、けなげに育ってくれています。





特許  コンプライアンス。

パソコンの修理?が終わりました。

業者の方が
「コンプライアンス、コンプライアンス」
と,幾度も口にされてました。

パソコン云々より、
ソッチの言葉が耳に残りました。

一年前、
それまで使っていた浄水器が壊れ、
新たに設置をお願いしたのですが
その時も「コンプライアンス、コンプライアンス」と,
しきりに口にされ、
質問しても、
「以前のように もうしゃべることが出来なくなった」と、
じれったさそうに、悶々とされていました。

しゃべったらいけないそうです。

「察してください。」
という目線を送られても
この年寄りには、
口ごもり、嚙んで含んだような言葉の意味は
分かりませんでした。


聞きたい事は 全く聞けなかったことを思い出しました。

~~~~~
~~~~~
最近 特に思います。

発信すれば、困っている人の役にたつだろうな^と思う事でも、
発信することによって、不利益が生じる方々もいる事。


線維筋痛症(顎関節症も含む)は、足し算説をとっている婆ちゃん。

で・・、

【治療は 
スガ歯科顎関節症(絶対条件です。)
と、
それ以外に どれだけ引き算ができるか・・・。】
と、言い続けてきました。


で、出会った方々の例をあげ、
スガ歯科治療以外の
引き算の可能性を感じた病気の話もしてきました。

今の医療、薬に代わるものとして、
副作用がない健康食品での引き算。

(今まで、引き算の例として 色々書いてこれたのは、
これらの特許があったからです。)


きっと、読んでいただいていた方は
このブログの突然の方向転換に
奇異・異質に感じておられた方もたくさんおられるでしょう。

(スガ歯科治療の話が一段落してから、書き始めました。)

でも、私には三人の主治医がいることは書いています。



健康食品関係は
この中の一人の主治医の研究がヒントになりました。

以前、
病院に入院中の患者さん方に
大規模に調査、研究されたものが、テレビで放送されました。
その画像の中の患者さん方の姿が
線維筋痛症患者と顎関節症患者さん方の姿に
ダブって見えました。

(入院し、治療、リハビリを受けているにもかかわらず、
治らないものが、治っていく・・不思議でした。)

  ~~

今回、新たな特許がおり、
医科で結果がでなかった患者さん方が
この健康食品で結果がでた話は
【やっぱり本当だった。結果が出て当然だったんだ!!】
・・と嬉しく思っています。

が・・でも、そうなれば

「コンプライアンス」。

こんなブログでの情報発信のダメ!!かと。
会社名も製品名も全部伏せていますが、
わかる人には100パーセントわかる内容です。



今回のこの特許だけは、絶対下りない・と思っていました。
私達<人>であれば、
喉から手が出るほど 待ちに待った情報かと思います。 


特許情報プラットホームで確認出来た時、
「すごい!!・世の中が変わる!!」
・・・・と思いました。


が、ある意味 あまりにもデリーケートすぎます。

圧力・という言葉がすぐに頭に浮かびました。

(たくさんの方が待ちに待ったものです。

が、一般に広がっていけば
たくさんの企業が・・・たくさんの病院が・・。
たくさんの人が失業するでしょう。
最近ますます増えてきた健康関係の番組も
見ることはなくなるでしょう。


(だから、
絶対、テレビや新聞、雑誌ではこの情報は出てこないでしょう。)


コンプライアンス。


【逆に・・この特許が下りたゆえに、
線維筋痛症・引き算話はナニも書くことも出来なくなった!!??】

・・・と真剣に悩んでいます。


何をいわれても、その根拠が示せていたからですが、
今回の特許は凄すぎて 扱いがむずかしいものを感じています。


================
================

昨日、掌蹠膿疱症だった方の話を直接聞いてきました。

骨の炎症は無いそう。

ビオチンと整腸剤は自分には役に立たなかった。
この病気の対応として、
タバコ、金属アレルギー、歯の詰め物の話 、扁桃腺摘出、
他の話も出てきました。


ドア1枚外、

これで・・・、
これまで婆ちゃんが出会った
線維筋痛症の方が併せ持っていた病名の殆どを、
健康食品で・改善された方に出会ったことになりました。
(<完治>という言葉は薬事法?で使えないようです。)

もう、コンナ話も書けなくなります。・・・ね。


(個人的なおしゃべりは、問題ないかとも思います。
 だってネットにのっているのだから。)

健康食品だけど ただの健康食品ではない!!。

・・ばあちゃん、そう思います。


だから大事に扱いたいと思っています。


               

アイパッドから。

パソコンが、
ネットに繋がらなくなって、かなり経ちました。

なぜかしら。

そのうち機嫌を直してくれるかなと思っていましたが、無理みたい。

業者さんに頼むしかないよう。


最近、
この歳になって、親知らずがチョコンと顔を出して来ました。

イヤだな、、、、。

出てこんでもよかとにね〜〜〜。

(出て来なくてもいいのにね。)

卒業しても、<緩む>は永遠のテーマです。

ゆるむ・・・、

スガ歯科患者さんが直面する悩み。
もちろん、昔々の婆ちゃんも大いに悩みました。

~~~~
卒業生の方とお話しする機会がありました。

「よくなって、初めてわかった・・・緩むってどういうことか」
「どんなに、説明されても、わからなかった~。」
「今なら、その意味がよく分かる」と。

   ***

歯の噛み合わせ治療云々より、
ネジレ、歪み、硬く緊張した体を
<緩める>ことから始まるスガ歯科治療。

緩む治療が始まると、
人によっては痛みが増幅する場合があります。

(婆ちゃんもその一人。)

なんでこうなるの??と悩み大きく、泣きべそ!!。

(笑)

今となっては想い出ですが、
当時は、・・・
筋肉を緩めているのに、なぜか きつくてきつくて・・、
辛かったですね~。

鉄板を貼りつけたような体。
硬直し、動けなくなり、激痛があった体には
<緩める>を理解するのは、とても難しかったです。

で、
ネジレ、歪み、硬くなった筋肉、腱を緩めほぐしていく時、
予想だにしていなかった事が次々起こりました。

首の緊張がひどく、
息が出来ず、酸素が吸えない苦しさ。
酸素マスクが欲しいと何度も思いました。
ひょっとしたら、酸欠になって死ぬのでは・・とも思ったり。

首が落ちそうで・・
手を広げ、いつでも落ちてもいいように構えていました。

(笑。。どう考えても理解していただけない感覚です。
    でも、真剣に悩んでいましたね。)

何度も何度も何度も・・
山また山・・谷に落ち・・の
筋肉を緩ませながらの噛み合わせ治療でした。


 ~~~~~


婆ちゃん プロフィールに
【8~9割治療が済んで、
ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>】
・・・と書いています。

その方も同じことをおっしゃっていました。

「やっとわかった」と。


<筋肉を緩ませる>は、卒業しても、永遠テーマです。

だって、

毎晩クイシバり・歯ぎしりをして、
筋肉を固く緊張させてしまっている自分を知っているから。

ラインを超えた者は、
<筋肉は簡単には緩まない>という恐怖を知っているから。

そして もう、2度とあの地獄を見たくないから。


・・・・よくなって、初めてわかる、受けてきた治療の意味です。
   (その時は共にわからなかったですが・笑)

新聞記事3つ。 線維筋痛症の話に通じるものあり・と。

線維筋痛症、顎関節症は<足し算説>をとっている婆ちゃん。
で、治療は引き算と。


この錆びた空っぽの頭でも
行間を読むと面白いものが見えてきました。

(こんな変な読み方をするのは、
 おそらく婆ちゃん一人でしょうね。笑)



今日、
●がんゲノム医療の記事を読み、
究極の早期発見なのでしょうが、
診断方法ばかり、最新をとりいれても、
治療方法も確立していないのに、
どうやって治療展開していくのだろうなあ。
・・・と思いました。

(いくら、高額な遺伝子診断をうけても、
治療出来なければ意味ないじゃん)と。


●<抗がん剤は効果が少ない>
とハッキリ書いた新聞、初めて見ました。

キワをいく、煙をまくような面白いデーターの取り方ですね。
高齢者の医療費削減の為でしょうけど。

でもね・なにも高齢者と限定せずとも、
老いも若きも、
抗がん剤を打つたびに悪化していかれるのに。

それに、私みたいな高齢者になれば、
平均寿命も健康寿命も、残りは少ないのに。

で、緩和ケアと比較なのね。

抗がん剤は効果がない・必要がない。
・・とはいえないから、
焦点をアチラコチラに分散。

今の医療は、
患者の為の治る治療ではなく、
なぜか・業界優先の医療産業のように思えてしまいます。

そういえば、以前毎日新聞に
<遺伝子たたく核酸医薬>と記事がでていましたね。

あの時も(ゲ~~っ)と思ったものですが。

    
ばあちゃん、
●<がん闘病 筋肉が大事>を読んでホッとしました。


なんでも、真反対のハイテクとローテク情報がありますね。
線維筋痛症、顎関節症も なんとも地味な話の積み重ねのよう。笑
もっともっと、手前の話で十分。


今の医療って なんかしら、
患者サイドが希望する<治る>からズレているよう。

目くらましの情報で、
上手に患者が騙されているみたいに感じるのは、
キット、婆ちゃん一人でしょうね。笑


写真の上でポチッとすると、全体をみられます。

=======================

●産経新聞 2017年(29年)4月27日
<高齢患者 抗がん剤効果少なく>

2017nenn.jpg


●熊本日日新聞 2017年(29年)5月29日
<がんゲノム医療全国展開>

2017年(29)5月29日 がんゲノム医療全国展開

●熊本日日新聞 2017年(29年)5月24日
<がん闘病 筋肉が大事>

2017年(29)5月24日 がん闘病筋肉が大事
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、62歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、永いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。
たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。口腔顔面痛を伴う顎関節症と診断され、後に線維筋痛症友の
会でステージⅤと。でもすっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科根治情報だけでなく、あの痛みを軽減する為には、他の情報も必要だと思うようになりました。

おしゃべりすれば、笑顔になれます。元気も出ます。
克服し、力になりたいとアナタを待っている人がたくさんいます。
集めた情報ですが、ナニかのお力になればと思っています。

--コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード