応急処置で。

出会った時から、
事あるごとに
「線維筋痛症は、脳の誤作動、脳の炎症」。
としきりに言っていた方。

婆ちゃんの主張とは水と油で、
話がなかなか嚙み合わなかった方。(笑)
 ↓
(途中省略、詳細省略。)
 ↓
。。。<昨日の話>。。。。。。

線維筋痛症の、<脳の誤作動、脳の炎症論>は消滅し、
「いくら噛み合わせ治療という歯の治療を何度も受けても、
顎のズレをもどさないと、
噛み合わせ治療はうまくいかないと分かった。」


と初めて納得したような言葉が。

婆ちゃんに言わせれば、
(よく、ここまで、、わかるようになったなあ~)
と思わず、ニッコリ。



===============
===============
その方は
医科の対応と薬に大いなる疑問を持ち拒否。
そして、治らない歯科・噛み合わせの経験で、
混乱されていました。

他の病気も現れ(難病と言われているものです)
奈落の底に落ちていかれていました。


  *その方の主張は、
  線維筋痛症と歯科の不具合。そして病気。
  この3つが、同時に存在し、痛みも3つを合わせたモノ。

  *婆ちゃんの主張は、
  顎関節症の延長線上に、
  他の病気ケガの後遺症等、他を巻き込みながら存在するもの。


で、
「線維筋痛症、歯もボロボロ、顔も歪み・・・、この病気。」
と色々言われて、
(この先、どうしたらいいいのか?)
と、途方に暮れておられました。


遠い県外の方。
婆ちゃんも どうしようもなく、
その病気へ対応できるかも・と栄養素を伝えました。
自分で調るよう、伝え、
その後、その方の地元で、何度か痛む体をおし、
自分でも調べに行かれました。

混乱しておられましたが、
「痛み・取れるかも。
その病気どうにかなるかも。
どうにかなったらいいねえ^^~。}
婆ちゃんの意味不明・怪しげな言葉を信用していただきました。

    ↓(中略。)

その後、電話をするたびに、体調が変化。
それも、良くなる方向へ。
「体が緩んできた」と。

口癖であった、
「脳の炎症、脳の誤作動説」は次第に少なくなっていきました。

  ↓(中略)

。。。約半年ほどたった昨日、。。。。

「脳の炎症」、「脳の誤作動」で説明されていた
線維筋痛症の痛みは<<ない>>と。

その代り、しきりに
顎関節のズレを説明され、
それからくる、体の歪み、ネジレ、・・
つまり・・筋肉の歪みを一生懸命話され、
「自分の体で何が起こっていたかがわかった」と、
とても嬉しそうにおしゃべりしてくださいました。

固まっていた筋肉が緩んだよう。
整体師さんからもそう言われたと。

  (でも、やっと、緩み始めたばかり。
   まだまだ、ま^~だま~~だ、緩めてね。)
  

**
「痛みは取れています。
今畑仕事をしていました。
畑仕事をし過ぎると、痛みはでてきますが、
●<線維筋痛症の痛み>と
●<歯の痛み>と
●<畑仕事のし過ぎの痛み>
の区別が出来るようになりました。」


私)
「随分、精神的に落ち着いてきたね。
 体力もついてきてるでしょう?!」

その方)
「うん、体力はアップしているよ。笑
随分、精神的に落ち着いていますね。うれしい」と。

   
筋肉が緩みはじめたよう。、
痛みが取れ、体調がアップ。
やっと、当時の混乱から脱出できる可能性をみつけられたみたいで
精神的にぐっと落ち着かれていました。

===============
冒頭に書いた、
<顎のズレ・それからくる筋肉のズレの話>は、
今まで、何度もおしゃべりしていたにもかかわらず、
今回の自分の経験で、
やっと、腑に落ちた様子で興奮されておられました。


それまで考えていた線維筋痛症の正体が違っていたようで、
半年前まで、悩んでいた悩みの中身も
すっかり変わってきているようでした。(笑)

そして、気づいた、
<それでも、何ともならない、顎のズレ。>
<顎のズレを戻さないと、どうにもならない。と。>

その方)
「ズレを戻しながら、歯科治療をしてくれる所はないかしら?」

婆ちゃん
「ごめん、スガ歯科しか知らないのよ。」


・・・・どこかにないでしょうか、ソンナ歯科。
   スガ歯科・熊本は遠いようです。
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、63歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、長いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。すっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。それまでのドクターショッピングを覆す、口腔顔面痛を伴う顎関節症と初めての診断。、後に線維筋痛症友の会でステージⅤと。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、山あり谷ありを経て、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛を伴う顎関節症>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、何を書いてあるのか・ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科での根治情報だけでなく、別物<ドア1枚外>で得た軽減情報も必要だと思うようになりました。

精査、選択は患者さん自身に。

おしゃべりすれば、元気も出ます。
コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード