読んでいただいてありがとうございました。

今年もあと少しです。

(<ドア1枚外>のまったくのプラベート話で終了します。)
~~~~

還暦・還暦と・・・騒ぎ・・年が明け、
昨日 「あと少しで今年も終わるので・・」
と、滑り込みの還暦の祝いが来ました。

今年も、相変らず、
世間の常識から外れた話しかしない婆ちゃんでしたが、
今年の後半は、今までとガラリと様変わりしました。

今年8月、
全くの見ず知らずの方と、
顎関節症のおしゃべがきっかけで、
間質性肺炎、関節リウマチ、肺気腫、糖尿病関係の人達と
知り合いになりました。

で、婆ちゃんの話を信用していただいたよう。

12月、
間質性肺炎の方は
「データーが全て正常になった。」
と。

関節リウマチの方は、
「痛くない。痛みがとれている。
 閉じていた指が開いた。
 米がとげるようになった。
 窓が拭けるようになった。
 今まで、出来なかった事が出来ています.」

と、とても嬉しそうでした。

初めて会った時は手首が硬直し、腫れて熱を帯びておられました。
先日は、すっかり腫れも引き、熱もほとんど感じませんでしたよ。
(2回、触られて頂きました。)


お菓子を食べたり、飲んだりして、
大笑いしながらおしゃべりしています。

先日、電話で
「有難う、出会ってよかった~。これからも宜しく」と。

涙が出るほど、嬉しい言葉でした。

(昔は、
癌・関節リウマチがある線維筋痛症の方と出会っても、
話をするだけでどうすることも出来ませんでした。

それでも、手を握られ、

「やっと私が思っていた事・・・が理解してもらえた。
医科・歯科の先生方に訴えても解ってもらえなかったことが、
やっと、アナタの話で自分の体に起こっている事がわかった。
自分が訴えていた事に間違いはなかった。」・と)


今 あれから、少し自分が成長したのを感じています。

まるで、
私の「足し算説」を証明してもらっているような方々です。

そして、今、
私がいう、病気の「引き算」にチャレンジされています。

ふたりとも、口の中は・・・・・、
ここに、書くという事は・・・・そういう事です..。



どこまで、病気の<引き算>ができるか・・・、
どんな結果が出るか・・・・、
とても楽しみにしている婆ちゃんの今です。



来年は、
今まで<ドア1枚外>でウロウロして得たものが、
総括出来そうな予感です。

~~~~~~
~~~~~~

(それでもやはり、
 最後のトドメはスガ歯科線維筋痛症治療。)

どれだけ病気の引き算が出来ても、
この治療なくして、
線維筋痛症という痛みは、
完全に取れない・と思っています。

どんなことがあっても、
どんな条件でも
スガ歯科顎関節治療、線維筋痛症治療は必須条件。
変わりません。

今年も全くブレませんでした。笑



*****

(しつこいですけど・・・今年の最期に・・・。)


どんなに説明しても
<顎関節治療は皆同じ治療でしょう!?>
と思われていますので・・、
訂正をさせて頂きます。

いいえ。

私の話は
他所の歯科・顎関節治療、線維筋痛症治療では無理です。
まず成立しません。

例え、そこが自由診療の歯科であっても同じです。

顎関節治療・線維筋痛症治療を掲げている歯科があっても
スガ歯科治療とは全く別物です。

(理由)

【スガ歯科が使う<治る・完治>の基準】と
【ドア1枚外・<治る>基準】は別物のよう。

(スガ歯科であれば・・全く基準には達していないよね。)
(なぜ、それで治ったというの?) 

  ・・・と思う事が度々でした。


日本中を探しても
<スガ歯科と同じ治療はない>
と思います。

手術はありません。
顎関節さん周辺だけでなく、
体全体に筋肉がネジレよじれ、歪んだままの影響が出ています。
顎関節さんだけ手術しても、
その後スプリントで調節しながらの歯科治療をしても
歪んだ筋肉はそのままです。

<そんなところに、メスを入れる>・・ということは、
スガ歯科の治療には、考えられないように思います。


 ・・・・です。


  もっと、言えば、

  県外の方は、まず、近くの全国の有名な顎関節治療をする所を経て・・、
  そして・・南下して・・、
  辺境と思われていた熊本まで来られています。
 



どんな方が読んでおられるのでしょうか。

理解するのが、とても大変なブログです。

読んでいただいてありがとうございました。

       
       2014、12月31日
                    かぼちゃ

        紅白歌合戦が終わった~、

 
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、62歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、永いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。
たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。口腔顔面痛を伴う顎関節症と診断され、後に線維筋痛症友の
会でステージⅤと。でもすっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科根治情報だけでなく、あの痛みを軽減する為には、他の情報も必要だと思うようになりました。

おしゃべりすれば、笑顔になれます。元気も出ます。
克服し、力になりたいとアナタを待っている人がたくさんいます。
集めた情報ですが、ナニかのお力になればと思っています。

--コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード