思います。(返事)

今帰ってきました。
孫のダンス教室の発表会がありました。

私のスガ歯科治療が始まった年の7月に生まれ、
新生児集中治療室(NICU)で管につながれていた孫です。
これまで、2度の手術を乗り越えてきました。


舞台の上で一生懸命ジャズダンスを踊っていました。
(昼、夜の部もちゃんと踊りました。)

私は、
この孫の婆ちゃんでいられるよう頑張ってきました。


~~~~~~~~
あれから、6年経ちました。
来年は小学生になります。
買う予定のランドセルの色も決まりました。
~~~~~~~~~

当時からは、
考えられないような普通の生活を送っている孫と私。

<普通であることがどんなに有難い事か>
身に染みています。

~~~~~~~~~
最近、昔から聞いていた
<<人には命に縁がある人、
       ない人がいる。>>

という言葉の意味が分かるようになりました。


若いころは、単純に
【経済を意味するもの】、
と思っていましたが、
そればかりではなかったよう。


例えば、
<蜘蛛の糸>のように
(・・・たとえが悪いですけど・・)、
手をさしのべても、
●それを振り払う人。
●しっかりつかんでくる人。
そして、
●つかもうとする人を邪魔する人。
●誰も邪魔していないのに、自分で手を放す人。
そして、何より・・
●最後まで、自分でよじ登れる人。

~~~~~~~
孫と私は
しっかり糸をつかんでよじ登り、今の生活に戻りました。

<<人の縁>>という細い細い蜘蛛の糸でした。
どこで、ちぎれても、おかしくなかった糸でした。

ほとんど、同時期に助けられてきた孫と私です。
孫も私も
<人様の縁>
<人様の力>
のおかげで今を生きています。

<<人を信用したから。>>

これが、答えです。
ありがたいことです。
疑えば、最初からナイものでした。

~~~~~~~~
~~~~~~~~
今のこの時代です。
人を信用しなさい・なんて無理な時代です。

情報は氾濫し、何がホントでウソかわからない時代です。

疑うのは簡単なこと・大事な事です。

それでも、
(今でも、蜘蛛の糸は存在している。)
と信じている婆ちゃんです。



  プライベートすぎますが、
  頂いたメールの返事として。
  
  
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、62歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、永いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。
たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。口腔顔面痛を伴う顎関節症と診断され、後に線維筋痛症友の
会でステージⅤと。でもすっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科根治情報だけでなく、あの痛みを軽減する為には、他の情報も必要だと思うようになりました。

おしゃべりすれば、笑顔になれます。元気も出ます。
克服し、力になりたいとアナタを待っている人がたくさんいます。
集めた情報ですが、ナニかのお力になればと思っています。

--コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード