ばあちゃん、一晩考えました。

    前のブログから続きます。

菅先生のHPが「わからん!」と言われいているのは確かな話。
でも、私のこのブログも「わからん!」と言われています。

どうも、先生ばかり、責めるワケにはいかない模様。

私の,このブログは、何度も書いていますが、
私とおしゃべりして、初めてわかる・内容になっています。

実際におしゃべりしても、本当にややこしく、
理解するまでにはとても、時間を要します。

でも、分ると、本当にカンタンな理屈になっています。

   ********************
<確かな理論>と<高度な技術>と・
<賢いがゆえに誤作動する脳>の知識


保険歯科(立居地=歯)
つまり私達が今まで刷り込まれてきた考えを
真っ向から、ぶち壊す顎関節(立居地=顎関節)の考え。

<顎関節さん>から見たら
歯の考え=保険歯科の考え・は
木っ端ミジンに吹き飛んでしまいます。

スガ歯科治療・・・

・顎関節症、
・重症化した顎関節症(口腔顔面痛を伴う)、
・凶暴化した顎関節症(線維筋痛症)

<前後左右に何の抵抗もなく自由自在に動く下顎>を目指し、
時差を置きながら同時に・
患者さんの様子をチェックしつつ、歯の治療。
常に患者さんの黒幕・として存在する
<過敏化した脳さん>とのダマシアイ。


 →治療後半戦の<患者さんの脳>との戦いは
治療前半戦とは違い、又別のものが出現します。

ものすごく手強いものがあります。

後半戦は、全ての見た目、患者さんの行動も、正常に近づきます。
が・・・・、

後半戦の<患者さんの脳>は、昔の記憶を消去できず、
なぜか、<良くなることを拒否する>傾向が現れてきます。

ドア1枚外・日常生活への復帰が待っています。
何故か・この復帰が怖くなります。
あれだけ・希望していたのに、何故?

・・私も自分の中に自分でも理解出来ない感情が出現しました。

患者さんの口からは「良くなりたい」との声がでますが、
<脳さん>は良くなることを拒否していきます。
   
刷り込まれた、記憶。・・何故か、新しいものを受け付けない。

患者さんの言葉と行動にアンバランス・ウラハラ現象が出てきます。

これが脳の仕組み。先生イワク・<脳のしわざ>です。

後半戦は、今までと違う,メビウスの帯出現。
時には家族、身内が騙されて行きます。
 

私がたどった道。
皆が通る道。でも通り方は人それぞれ。

私も約3年半ほどかかって、やっと本来の私の性格にもどりました。 
つまり、今思えば、過敏化した脳が、治療開始後約3年半かかって、
<モトに戻った・正常にかえった。>と思います。

これは私の歯の治療工程に一致しています。

→また、脱線したようなので、ここで止めます。
でも、ここも書くつもりです。
ここの山を越えたら、心身ともにスガ歯科卒業です。


そんな、話も菅先生から聞いてきました。

先生の「ワケが分らない。」話は
全部自分の体で体験済み。
治って、初めてわかる、菅先生の話。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~
本当にすごい先生だと思います。

顎関節症、線維筋痛症を正面から扱っておられます。

<下顎のこと>、<歯のこと>、<脳のこと>

この知識がなければ、
アノ姿の患者さんに・絶対立ち向かう事は出来ません。
完治までに導くのは、本当に至難の技だと思います。

最初から、最後まで<患者の脳との戦い>が続きます。

あの、激痛の患者さんに、ヒルム事なく、逃げる事なく、
にこやかに接しておられます。


先生の口癖・・・・・「『脳のしわざ。』です。」

     
************

私は「神の手」だと思っています。
治療を受けた、スガ歯科患者さんもそう思っています。

でも、菅先生は、とても、謙遜し嫌がられます。
だから、バアチャン考えました。

[匠の手]なら、どうかしら?
で、スガ歯科は[匠の館]。
とでも。
 
      
ウフッ・今度、先生の反応を見てきますね。    

    
線維筋痛症に立ち向かう、
スガ歯科は本当にすごいものがあります。
でも、表には一切出ません。
患者さんに気づかれないように
穏やかな時・が流れます。


スタッフも経験を積み重ねたベテランさん達。
年はお若いですが、しっかり、教育の行き届いた女の子達です。

保険歯科医師にも劣らない、
それ以上の技術を持っておられますよ。
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、63歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、長いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。すっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。それまでのドクターショッピングを覆す、口腔顔面痛を伴う顎関節症と初めての診断。、後に線維筋痛症友の会でステージⅤと。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、山あり谷ありを経て、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛を伴う顎関節症>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、何を書いてあるのか・ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科での根治情報だけでなく、別物<ドア1枚外>で得た軽減情報も必要だと思うようになりました。

精査、選択は患者さん自身に。

おしゃべりすれば、元気も出ます。
コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード