気が狂っている。・・・悪魔祓い。・・・絶対必要でした。

私は気が狂っている!。
私はおかしい!。
でも、何故そうなるのか分らなかった。

私の心は恨みと恐怖で氷のようにガチガチ。
そして悪魔のすみかだった。

私は医師である先生方を信じてましたよ。
でもあなた方医師は私に何をしたの?
どんなに忘れようとしても、
コビリツイテ離れない、記憶だった。

どんな手段を使っても、
結婚式までに
正気にならなければ・・・・


100キンでピコピコハンマーを買った。
頭を叩いてみたが、痛いだけ。

ジイチャンが仕事にでるのを待ち、
鍵をかけ、部屋をカーテンで締め切った。
ピコピコハンマー、ハエたたき、紙、マジックを用意した。

紙に・・・・・
私の心を傷つけた先生の名前を書いた。
私につけられた、
たくさんのレッテル。病名を書いた。
私がパニックに陥る言葉を書いた。

・・・・・1枚に付き1つの言葉

書く<言葉>、<文字>が恐ろしく、
恐怖でパニックを起こした。
書く言葉に過去の思い出がいっぱいだった。

泣きながら、震えながら書いた。
心身喪失、パニック、ウツ、更年期障害・・・・・

こんな事をしたら、またトリツカレそうな恐怖だった。

・・・・・部屋中にばらまいた。

ピコピコハンマーとハエたたきを手に

<うそつき!へた!あほ!、バカ!、負けないぞ!>

と声を出し、タタきまわった。

まだまだ
痛みでハンマーをうまく握れず、力も入らなかった。
でも、
叩いて、叩いて、踏みつけて、チリヂリに破いた。

叩いたその言葉に逆襲されそうで、とても怖かった。
先生は神様。
・・・罰があたりそうで、怖かった。

私にとってお医者様は全治全能の神様だった。
・・裏切られた悔しさだった。
たくさんの診断名。
・・間違ってたじゃない!
ことば。
・・神様が発する言葉は私にとって絶対的なもの。
  勿論、周囲も同じ。神様の言葉は特別。

人を生かすも殺すも言葉次第。
神様が言う言葉は婆ちゃんにとって・死に値した。


叩いて、叩いて、踏みつけて、
最後はその紙をチリジリにヤブイタ。
ジイチャンのいない時を見計らって、幾度も繰り返した。

私って、気が狂っている・・・・

何で私、
こんな事をしなければならぬのか、情けなかった。

何故か、辛くて辛くて、タタキながら、破きながら、泣いた。
我ながら、自分の姿を想像すると、おぞましかった。
なんで、コンナ私になったしまったのか惨めだった。

============
先生の名前も、
診断名も、
トリツカレている言葉も、
<ただの単語>。

<ただの文字>に、
どうしてこんなに振り回されているのか、分らなかった。
「早く忘れたら。」と簡単に人は言う。
(今の私もその1人。)
<脳に刻み込まれた、刷り込まれた記憶>
は、簡単には、取れなかった。


*************
*************
スガ先生の
<犬、アヒル、脳の話>は、この事を意味する。

患者さんの頭の中の記憶そのものが、大きなストレスです。
ストレスが患者自身で自分の顎を痛め、傷つけています。
そして、治療を邪魔します。


これを説明するのは大変、困難です。
だって、患者さん自身が全く、この事にキズイテイマセン。
アホバアチャンが典型的な例です。
1年以上はナンの事か理解不能でした。

==============

そのうち、
なんでコンナに・バカになってしまったんだろう
と、思うようになった。

最初はなんだった?
アノ先生、コノ先生に行った理由は?
とサカノボルようになった。

・・・・・・・そして、気づいた。

わたしが間違っている。
私が悪い。
私が原因を作った。
私が先生を逆恨みしている。

・・・・・・・そのうち、
紙に書いた先生が
何故そういう<言葉を発したか>、分った。

紙の言葉・にごめんなさいと謝った。
紙に書かれた、たくさんの先生に・泣きながら謝った。
紙に向かって・、ごめんなさい。と謝った。

・・そして、ありがとうございました。
と泣きながら、感謝がいえるようになった。
*************
人には絶対見せられない、
バアチャンの悪魔祓いの儀式。

人に見られたら、即精神病院入院させられる。
どこをどう見たって正気じゃありませんでした。
が・・・それでも本気のバアチャンでした。

でも、アホバアチャンには絶対必要でした。

2007年6月頃の話です。
薬抜きの後の話です。

~~~~~~~~
今思えば、
薬の副作用が現れたのかもしれないですね。
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、63歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、長いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。すっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。それまでのドクターショッピングを覆す、口腔顔面痛を伴う顎関節症と初めての診断。、後に線維筋痛症友の会でステージⅤと。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、山あり谷ありを経て、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛を伴う顎関節症>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、何を書いてあるのか・ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科での根治情報だけでなく、別物<ドア1枚外>で得た軽減情報も必要だと思うようになりました。

精査、選択は患者さん自身に。

おしゃべりすれば、元気も出ます。
コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード