19 質問箱。どうして?是非読んで欲しいスガ歯科編

19 スガ歯科の治療があまりにも違いすぎます。
  わかりません

そうでしょうとも。
そのためにバアチャンはブログ書いています。


患者さんが必ず陥る
最初のカルチャアショックとパニック編を書いています。

100%陥る
<なんでこうなるの?>・
メインイヴェントの1つです


<患者さんとご家族へお願い>

内容がとても複雑ですが、
心の準備になるかと思います。
是非、読んでいただけたら、
対応が楽になると思います。

ここでの公式。
頭(脳=数々の過去の保険治療での記憶、情報)と
顎(体も含む)は別物


スガ歯科の歯の治療は
口の中全体の治療になります。
口の中と顎の状態を
キチンとチェックする事から始まります。
緊張し硬くなった筋肉とケンへの
アプローチが始まります。
緊張は体全身に及んでいますので、
それも始まります。


虫歯があれば3MIX-MP
歯周病があれば、最新治療で、
矯正が必要なら、それなりのやり方で、
(私がした矯正のやり直しがこれです。)

かみ合わせの歯が離れすぎている場合は、
着け爪ならぬ着け歯。
(例えば、私。
 前歯の上下の歯が異常に離れすぎていました。)

歯が全体的に低ければ、高く。
(金属冠が口の中にたくさんありました。 
 皆とても低かったです。)
 皆はずしました。やり直しです。

逆に高すぎる冠、太すぎる冠、。
・・・他、必要な処置は歯全体に及びます。



これに<顎の緊張を取る治療>があり、 
緊張は治療するたびにどんどん緩んできます。

早ければ、帰宅痔に出てきますよ。
かみ合わせもどんどん変わります。

その日の夜、夜中、次の日、・・・
カクカクという音がガクガクとなったり・・、
今までと口が違った動きになったり、・・
ガツンガツンと歯が当たりだしたり・・
今まで、痛くなかったところが、痛み出したり・・

患者さんはとても不安になり、
余計に悪くなってしまったと思い
パニックを起こします。

パニックを起こすから、
かみ合わせがおかしくなり・・
ますますパニックです。


患者本人も家族も一体何が起きているのか、
さっぱり分りません。
スガ歯科から説明があっているはずですが。

頭には、残っていませんし
その意味が分っていません。

本人、家族も大騒動。
「治療始めたのに、なんで悪くなるの?」
オロオロし、
スガ歯科不信に拍車がかかる場合もあります。

普通は
治療が始まるとすぐに治っていくもの。
とだれもが思っています。

だから、
スガ歯科でも顎の治療がはじまると、
患者はすぐに、
痛みや顎の異常もだんだん和らいでいくもの
と思っています。


この患者の思い込みと
この保険の考え方が
体の変化についていけず
パニックになっています。

(質問箱14、
これが患者の足を引っ張るものの正体です。)

この顎の緊張を取る治療は保険の考えにはありません。
治療する度に硬くなった筋肉が緩み、
顎のズレが元に戻ろうと動き出しています。
患者にとって、
初めての経験が顎に起こり始めています。
筋肉が緩んできた証拠がおきだしています。

今までとは違う音がでたり、
口の開き方がおかしくなってきます。

ねえ^^。良く考えて、思い出して・・・。
治療したでしょう。
「噛み合わせがおかしくなりますが、
心配しないでください」といわれなかった?
*******************

<患者先輩のバアチャンから後輩患者さんへ>

今までと違った変な音、
変な顎の動き、
変な痛みがでたら喜んでください。


良くなる証拠です。

パニックなんて時代遅れ。
家族を巻き込むなんてモッテノホカ。

みんなで囲んで赤飯ものです。
万歳!です。
よかったね^^~~。


治療しても、
なんの変化も無かったら、
その時こそ・
パニックになってください。


(スガ歯科の先生、奥様、スタッフが
 真っ青になってパニックになるかも・笑
。)

スガ歯科患者になったあかつきの、
これこそが<正しいパニックの起こり方・理由>です。


でも、
確かに顎が動く可動域が広がる為、
脳への刺激も強くなるかもしれません。
だから、しっかり、
頭蓋骨やカスタネットや皿を手元に置いて、
自分のパニックと戦い、
保険の考えの自分に説教してね。

「アワテルでナイ!!」と。

パニックは一時的なもの。
治療が進めば、落ち着きます。
その頃は顎(体)も随分楽になっていますよ。


今から、体が色々変化し、
顎と歯(かみ合わせ)もどんどん変化していきます。
自分がこれまで悪くなって来た道
を逆に引き返し、歩き始めましたよ。

「悪くなった、悪くなった」と騒いでも、
よーく考えてみて!
<その痛み>って昔あったハズよ。

悪くなっている今の自分に<さよならの合図。>
元気な自分を目指し、
歩き出しましょう。

痛みってひどくなれば感覚がなくなります。
感覚がなかった所に痛みを感じる事ができたら、
それだけ、良くなった証拠。

赤飯ものですよ。
~~~~~~~~~

今日のブログの内容は
家族は理解できて>も、
患者はなかなか、
受け入れる事が出来ません。


患者はそれだけ、傷つき、病院不信になって
スガ歯科にたどり着きます。
患者はスガ歯科の治療の
<顎の緩む事態>が受け入れられず、
全てが恐怖になります。
これに、関節円盤のことが頭から離れず・・
<恐ろしい。怖い>
が患者の心をいっぱいにし,パニック


前のブログに3年前の私を書いています。
この頃の様子です。
健康な人には絶対理解出来ない事態が起こります。

だいじょうぶ。
スガ歯科患者のだれもがたどる道です。
顎関節症、線維筋痛症の患者は特殊です。
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、62歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、永いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。
たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。口腔顔面痛を伴う顎関節症と診断され、後に線維筋痛症友の
会でステージⅤと。でもすっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科根治情報だけでなく、あの痛みを軽減する為には、他の情報も必要だと思うようになりました。

おしゃべりすれば、笑顔になれます。元気も出ます。
克服し、力になりたいとアナタを待っている人がたくさんいます。
集めた情報ですが、ナニかのお力になればと思っています。

--コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード