⑰ スガ歯科より

以下、スガ先生が書かれたもので、
線維筋痛症の患者さんに配られたものです。
プリントを写せませんでしたので、書き写しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


線維筋痛症に挑む


 線維筋痛症とは全身あるいは局所に激しい痛みが起こる病気で、
推定患者数は200万人といわれる。
世間にほとんど認知されていないこの病気は、
体中の筋肉がこわばり、激痛が走る。
痛みに関する感受性が脳の中で以上に高まり、
1の痛みを10にも100にも感じる。
シャワー、眩しい光、気候の変化、臭い、物音や風など、
あらゆる刺激が激痛に変換されてしまうことがある。
そのため自力での生活は困難になる。
原因はいまだ明らかになっていないが、肉体的ダメージだけでなく、
精神的ストレスが大きく関係しているといわれ、女性に圧倒的に多い。

 当院では以前よりこういう症状の方の治療をおこなってきました。
歯科が扱うこのような病気といえば顎関節症だったり
口腔顔面痛あるいは頭痛がほとんどです。
ところが顎関節症や口腔顔面痛が重症化すると、
精神的ストレスや脊椎への侵襲を引き金として、
症状が一気に全身化していきます。
痛みが強くなれば、精神的にも正常ではいられなくなり、
うつ症状を伴うこともあります。
過敏性大腸炎、頻尿、シューグレン症候群、口内炎、睡眠障害
、疲労等 さまざまな随伴症状をともなうこともあります。

 明確な診断基準もなく原因不明、治療法不明の難病ですから
患者さんやその家族はもとより
医療者にとっても大変困難な状況にあります。
 ではそのような患者さんに
当院がどのような治療をおこなっているかをご紹介します。
まず線維筋痛症の患者さんで、
顎関節症を併発しているものを診断します。
これまでの論文でも
過半数に顎関節症状がみられるといわれていますから、
まずは顎関節周辺の咀嚼筋の反応をみます。
とくに触診による内側翼突筋・外側翼突筋・
胸鎖乳突筋の痛みは重要な手掛かりとなります。
歯型を取り、咬合分析のための診断機器を用いて診断し、
咬合(噛みあわせ)や
歯科的原因が発症につながっていると診断されれば、
まずは鎖骨から上の症状を改善していきます。
メディカルリンパマッサージ・
ERECTRO-ACUSUOPE・ERECTRO-MYOPULS 
を主体とした微弱電流治療機器・東洋医学(漢方・経絡治療・
カラーを使ったレインボー治療・ 金と銀の移し身療法)・
トリガーポイント注射・ K点ブロック注射等
苦痛をともなわず、患者さんがある面治療を楽しみながら、
それに心理カウンセリングを加えて心身ともに癒していきます。
噛みあわせ治療としては下顎が束縛なく自由に動けるよう
仮歯やスプリントを使いながら
咀嚼筋の疲労や疼痛が回復するのを待ちます。

こういった治療により
これまでかかわった患者さんは痛みがとれるばかりか、
様々な随伴症状もとれ、元気になって以前の自由な生活に戻られ、
健康を満喫されています。
 患者さんが来院のたび
明るく元気になっていかれる姿を見ることは、
わたしたちにとっての生き甲斐や達成感を
感じることができる幸せなときです。
それとともにこの病気がいかに人々の生活を束縛し、
夢や希望まで断念させているかを痛感しています。

 わたしは線維筋痛症の治療の一部に
科が貢献できることを提唱したいのですが、
歯科の先生ですら線維筋痛症とう病名を認知せず、
ましてや歯科が関係すると言うことは
皆無といえるくらい認知されない現実があります。
 したがって患者さんが歯科の門を叩くのは
当分先の話になりそうですが、
わたしはこの間に新しい治療機器を開発しようと、
いま大学の先生と話を進めているところです。

 治療は時間を要するかもしれません。
スタッフ一同共に研修を重ねておりますので、
不安・疑問・質問どんな些細な事でも構いません。
遠慮なくお声をかけてください。
”必ず治る”事を信じて、共にがんばりましょう。
微力ながら精一杯お手伝いしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。


              スガ歯科医院

               菅 健一


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
私は、自分の痛みの症状にぴったりで、とても納得しました。

書かれている治療は全て受けました。
とても不思議でおもしろい治療です。
最新治療としてよく健康雑誌に紹介されていますョ。
又、各地の勉強会と研究会で得られた
最新治療も取り入れられています。

テーマ : 線維筋痛症
ジャンル : 心と身体

プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、63歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、長いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。すっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。それまでのドクターショッピングを覆す、口腔顔面痛を伴う顎関節症と初めての診断。、後に線維筋痛症友の会でステージⅤと。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、山あり谷ありを経て、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛を伴う顎関節症>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、何を書いてあるのか・ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科での根治情報だけでなく、別物<ドア1枚外>で得た軽減情報も必要だと思うようになりました。

精査、選択は患者さん自身に。

おしゃべりすれば、元気も出ます。
コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード