卒業しても、<緩む>は永遠のテーマです。

ゆるむ・・・、

スガ歯科患者さんが直面する悩み。
もちろん、昔々の婆ちゃんも大いに悩みました。

~~~~
卒業生の方とお話しする機会がありました。

「よくなって、初めてわかった・・・緩むってどういうことか」
「どんなに、説明されても、わからなかった~。」
「今なら、その意味がよく分かる」と。

   ***

歯の噛み合わせ治療云々より、
ネジレ、歪み、硬く緊張した体を
<緩める>ことから始まるスガ歯科治療。

緩む治療が始まると、
人によっては痛みが増幅する場合があります。

(婆ちゃんもその一人。)

なんでこうなるの??と悩み大きく、泣きべそ!!。

(笑)

今となっては想い出ですが、
当時は、・・・
筋肉を緩めているのに、なぜか きつくてきつくて・・、
辛かったですね~。

鉄板を貼りつけたような体。
硬直し、動けなくなり、激痛があった体には
<緩める>を理解するのは、とても難しかったです。

で、
ネジレ、歪み、硬くなった筋肉、腱を緩めほぐしていく時、
予想だにしていなかった事が次々起こりました。

首の緊張がひどく、
息が出来ず、酸素が吸えない苦しさ。
酸素マスクが欲しいと何度も思いました。
ひょっとしたら、酸欠になって死ぬのでは・・とも思ったり。

首が落ちそうで・・
手を広げ、いつでも落ちてもいいように構えていました。

(笑。。どう考えても理解していただけない感覚です。
    でも、真剣に悩んでいましたね。)

何度も何度も何度も・・
山また山・・谷に落ち・・の
筋肉を緩ませながらの噛み合わせ治療でした。


 ~~~~~


婆ちゃん プロフィールに
【8~9割治療が済んで、
ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>】
・・・と書いています。

その方も同じことをおっしゃっていました。

「やっとわかった」と。


<筋肉を緩ませる>は、卒業しても、永遠テーマです。

だって、

毎晩クイシバり・歯ぎしりをして、
筋肉を固く緊張させてしまっている自分を知っているから。

ラインを超えた者は、
<筋肉は簡単には緩まない>という恐怖を知っているから。

そして もう、2度とあの地獄を見たくないから。


・・・・よくなって、初めてわかる、受けてきた治療の意味です。
   (その時は共にわからなかったですが・笑)

卒業おめでとうございます。

今日は定期検診日でした。

いつものような、
何気にスガ歯科のドアを開けると、患者さんが歯磨き中。

  (省略)
アレッ・・・、
もしかして・・・、

とお互い、すっかりイメージが変わってしまい
(婆ちゃん・太った!)
分かりませんでしたね。

  (省略)

今日 スガ歯科の皆さんから、お見送りをうけ、
無事卒業されました。


~~~~

東京から、治療に来られていた患者さんです。

「今日、スガ歯科を卒業します。」
と、うれしい報告をお聞きました。

2年前、
ナンの縁もユカリも、知り合いもいない熊本へ。

遠いところから、痛みを抱え、体力の不安を抱え
それはそれは・・・不安を口にされていました。

それでも、、絶対治りたいという決意と覚悟は
固かった方でした。


自宅から、羽田へ。
そして熊本へ。
熊本空港から水道町へ。

(痛みがある中、荷物を持ち、
 その移動を考えただけでも、婆ちゃんはゾッとします。)

顎関節症の治療は、
山あり谷ありの さきなんて読めない治療です。

通院が始まり、
飛行機の中、一人心淋しく、どれほど不安だったことでしょう。

(本当に治るのかしら)・・と
幾度涙を流されたかなあと心中察するものがありました。

・・・・やっぱりそんな言葉を口にされていました。


1泊2日でスタートし、鳥谷耳鼻科にも通っておられました。

慌ただしい日程で、
その後は、日帰りで治療を受けていたと。

~~~~
今日も日帰り。

帰る飛行機の時間まで、約1時間ある・ということで、
デパート屋上へ行こう・と。

大きな、重そうなバックを持ち、
水道町の交差点もナンのその。

2年前の<ビフォー>と<アフター>のこの違い。

(ちゃんとチェックしましたよ
 あの時は、前かがみで本当に辛そうでしたね・
 忘れたでしょう・笑)


当時とは別人。
姿勢もスッとまっすぐに。
表情も明るく、お元気になっておられました。

きれいな歯が入って、笑顔が素敵でした。。


サンドイッチもお互い、大きな口を開け、ガブリ。

卒業生だもの。
手でちぎって、口に入れたり、
牛乳などに浸して食べたりはしない!!。笑

(・・何の抵抗もなく、考えることもなく、躊躇することもなく
  自然に出来る・この動作。

 やった~!!、治っている~!!・と嬉しかったです。
 卒業したんだもの・・当たり前ですが・笑) 

本当に卒業おめでとうございます。

「スガ歯科って本当に良い病院ですね。
 コンナ歯科はありません。
 スガ歯科を信じて通いました。」
とおっしゃっていただいたことがとても嬉しかったです。

ずっと、ニコニコと笑顔。

勝ち取りましたね。

本当にがんばりましたね。

アナタを、
熊本まで送り出して下さったご主人様に
感謝申し上げます。

これからは自分で手に入れた人生が始まります。

真面目な人がなりやすい顎関節症なんだから、
これからは、婆ちゃんみたいに不良になりましょう。

自分の人生を楽しみましょうね。

これからは、お互い卒業生です。
よろしくお願いいたします。


・・・・今はどのあたりでしょう・・・ね。
   今日はお疲れ様でした。
   熊本に来られた時はまた遊んでくださいね。

   こんなブログだけをみただけで、、
   熊本まで来ていただいたことに感謝申し上げます。
   ありがとうございました。   
       


      (書いていいかな?と許可を得ましたので。笑)




ばあちゃん、一晩考えました。

    前のブログから続きます。

菅先生のHPが「わからん!」と言われいているのは確かな話。
でも、私のこのブログも「わからん!」と言われています。

どうも、先生ばかり、責めるワケにはいかない模様。

私の,このブログは、何度も書いていますが、
私とおしゃべりして、初めてわかる・内容になっています。

実際におしゃべりしても、本当にややこしく、
理解するまでにはとても、時間を要します。

でも、分ると、本当にカンタンな理屈になっています。

   ********************
<確かな理論>と<高度な技術>と・
<賢いがゆえに誤作動する脳>の知識


保険歯科(立居地=歯)
つまり私達が今まで刷り込まれてきた考えを
真っ向から、ぶち壊す顎関節(立居地=顎関節)の考え。

<顎関節さん>から見たら
歯の考え=保険歯科の考え・は
木っ端ミジンに吹き飛んでしまいます。

スガ歯科治療・・・

・顎関節症、
・重症化した顎関節症(口腔顔面痛を伴う)、
・凶暴化した顎関節症(線維筋痛症)

<前後左右に何の抵抗もなく自由自在に動く下顎>を目指し、
時差を置きながら同時に・
患者さんの様子をチェックしつつ、歯の治療。
常に患者さんの黒幕・として存在する
<過敏化した脳さん>とのダマシアイ。


 →治療後半戦の<患者さんの脳>との戦いは
治療前半戦とは違い、又別のものが出現します。

ものすごく手強いものがあります。

後半戦は、全ての見た目、患者さんの行動も、正常に近づきます。
が・・・・、

後半戦の<患者さんの脳>は、昔の記憶を消去できず、
なぜか、<良くなることを拒否する>傾向が現れてきます。

ドア1枚外・日常生活への復帰が待っています。
何故か・この復帰が怖くなります。
あれだけ・希望していたのに、何故?

・・私も自分の中に自分でも理解出来ない感情が出現しました。

患者さんの口からは「良くなりたい」との声がでますが、
<脳さん>は良くなることを拒否していきます。
   
刷り込まれた、記憶。・・何故か、新しいものを受け付けない。

患者さんの言葉と行動にアンバランス・ウラハラ現象が出てきます。

これが脳の仕組み。先生イワク・<脳のしわざ>です。

後半戦は、今までと違う,メビウスの帯出現。
時には家族、身内が騙されて行きます。
 

私がたどった道。
皆が通る道。でも通り方は人それぞれ。

私も約3年半ほどかかって、やっと本来の私の性格にもどりました。 
つまり、今思えば、過敏化した脳が、治療開始後約3年半かかって、
<モトに戻った・正常にかえった。>と思います。

これは私の歯の治療工程に一致しています。

→また、脱線したようなので、ここで止めます。
でも、ここも書くつもりです。
ここの山を越えたら、心身ともにスガ歯科卒業です。


そんな、話も菅先生から聞いてきました。

先生の「ワケが分らない。」話は
全部自分の体で体験済み。
治って、初めてわかる、菅先生の話。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~
本当にすごい先生だと思います。

顎関節症、線維筋痛症を正面から扱っておられます。

<下顎のこと>、<歯のこと>、<脳のこと>

この知識がなければ、
アノ姿の患者さんに・絶対立ち向かう事は出来ません。
完治までに導くのは、本当に至難の技だと思います。

最初から、最後まで<患者の脳との戦い>が続きます。

あの、激痛の患者さんに、ヒルム事なく、逃げる事なく、
にこやかに接しておられます。


先生の口癖・・・・・「『脳のしわざ。』です。」

     
************

私は「神の手」だと思っています。
治療を受けた、スガ歯科患者さんもそう思っています。

でも、菅先生は、とても、謙遜し嫌がられます。
だから、バアチャン考えました。

[匠の手]なら、どうかしら?
で、スガ歯科は[匠の館]。
とでも。
 
      
ウフッ・今度、先生の反応を見てきますね。    

    
線維筋痛症に立ち向かう、
スガ歯科は本当にすごいものがあります。
でも、表には一切出ません。
患者さんに気づかれないように
穏やかな時・が流れます。


スタッフも経験を積み重ねたベテランさん達。
年はお若いですが、しっかり、教育の行き届いた女の子達です。

保険歯科医師にも劣らない、
それ以上の技術を持っておられますよ。

患者さん・朗報です。

書こうか書かないでおこうか・・・
ずっと個人情報にふれるかしら・と悩んでいたのですが・・・

やっぱり、書きます。

先週、線維筋痛症の患者さんが1人卒業しました。
(他の患者さんの為なら、
 この患者さんはきっと許してくれるでしょう)

患者さんから、電話を受けた時はあまりの速さに
びっくりしてしまいましたが、
最初の時からずっと、様子を聞いていたので、
(そろそろかな。)とも思っていました。

約一年でした。

私)   
「わ^~、早かったね。私を追い越したね~~」

患者さん) 
「でも良く通った~~。
 (私から)ハッテデモ行け!といわれたから、がんばった」と。

しみじみといわれていた言葉が印象的でした。 

確かに・私言いました。
それも出会った最初に言いましたne。

アノ痛みの中で私から言われた言葉です。
さぞかし鬼畜のように見えたでしょうね。キット・・。


「何をおいても、スガ歯科治療に照準を合わせてね。」
「後は、全部捨てて・後回しにして!」
 家で寝ていても、絶対良くはならない。
良くなりたいのなら、スガ歯科に這ってでも行って!!」
       ・・・・・・・・・・・・・・・・と。

頑張っていましたよね。本当によかったです。

おめでとうございます。

顎関節治療を突破口にして、体の整理がついた方でした。

************
************

菅先生と奥様に最近気になっている事を質問しました。

?先生・この頃、
<卒業予定期間=治療予定期間>が短いようですが・・?


ニコッと笑い、その返事です。

「ええ、今はハウツウが判ってきました。

もし、○○さん(私)が今(の技術で)
治療するとしたら、
モット早い時期に卒業させていました。

その頃はまだまだ、今に比べれば、
手探りだったように思います。
その頃は)ヘタでごめんね。」

        ・・・・・・・と。

私泣きそうになりました。
今、思い出しても涙が出そう・・・・・。

地獄のソコから、助け出してくださった先生。
感謝こそすれ、
謝ってもらう理由なんて、コレッポッチもありません。

なんで先生が謝るの・・・。謝らないで下さい。


本当に心優しい先生,奥様です。
コレがスガ歯科の全てです。
先生と奥様の姿がスガ歯科そのものです。

ところで、患者さん。朗報です。
医科・線維筋痛症
=スガ歯科・凶暴化した顎関節症(扱い)
の治療方法が確立された。もようです


私は先生の言葉にはっきりと確信しました。
ただし、<菅先生の守備範囲の話>です。

====先生、コレくらい・いいでしょ・・。

線維筋痛症の患者であれば、絶対欲しい情報です。

勿論、顎関節症の患者さんであれば、OKの話です.

私は患者。目の前の情報を発信します。


^^^^^菅先生。^^^^^あのー^^^^^

先生が・表に出る性格ではない・事は存じております。

何回お願いしても、
スガ歯科HPを書き直してくれないこと・も諦めました。

ご自分の研究・熊本日日新聞社に
線維筋痛症のことを取材されたのに、
<ナ^^ァ^~んにも、書かない・自慢もしない>
事も存じています。

このままだったら、
<ナ^^~んにもしない。>事はわかっています。


菅先生らしいナ。とも思っておりますが・・・・・・

だから、私が書きます。
これは患者さんにとっては、朗報です。
アキラメテください。・・・マセ。


でも、やっぱり、せめて・
HPは誰もがわかるように書き直してください。
「わからない。」そうですよ。

あれで、分る人なんて、誰もいませんってば~・・・。      
これからも、お願いし続けますので、
よろしくお願いします。

<八つ当たり>と<ガス抜き>は別物。

連休が明けました。
2007年5月。4年前本格的な治療が始まった月です。
もう、すっかり、過去の話になっています。

ご存知のように、
バアチャンのこのブログには医学用語は殆どありません。

治療にも、殆ど医学用語はありません。
先生自体が医学用語を使わないようにされています。

難しい言葉もありません。
穏やかな研究肌の先生です。
奥様はカウンセラー。
スガ歯科事体がゆっくり、時間が流れる所です。

タダでさえ、重症化した顎関節症線、維筋痛症患者は
ツワモノです。

様々な医科、歯科を回り、様々な言葉を刷り込まれ、
言葉が体中に刺さっている方々です。

皆さん・・・言葉に傷ついています。

◎デビューの患者さんは・・・。

 スガ歯科の<わけが分らない!>治療と説明に、
(本当に良くなるのだろうか?)という不安と
(しゃべってもいいんだ。)と安心感、
 居心地のよい空間というも手伝って
 心にウッセキしていた過去の辛さ、悲しさ、
 のトラウマが一気に噴出します。

これが、スガ歯科。
これもまた、治療。

最初の治療工程になっています。
大きな気球のようになってしまった、ストレスのガス抜きです。
ストレスは顎関節の大敵。
思いっきり、しゃべりましょう。
泣きましょう。

でも、バアチャンみたいにスタッフを困らせないようにね。
ついつい、
思い余って身近なスタッフに八つ当たりをしてシマイガチ。

とはいえ・・ガス抜きが出来、
笑顔がでるようになったら、・・シメタモノ。


でもね。スガ歯科患者さん。
<ガス抜き>と<八つ当たり>は別物ですよ。


スタッフは患者さんに、ピッタリ寄り添っています。
ずっと卒業するまで、寄り添ってくれる方々。

<ドア1枚・外>では絶対通用しなかった・あなたの思い。
鼻ツマミ者になり、
奇人変人扱いを受けていた私達患者に
キチンと正面から、向き合われています。

その絶対通用しない、
<患者の心理と脳の成せる興奮>を理解し対応。
そして寄り添っておられます。


スガ歯科患者さん・・
私の言っている意味はわかりますよね。
あなたの思いが分ってもらえるから、心の氷が溶けていくことを。
氷河のようになった心が溶けるから、
ガスが噴出すことを。


そんな患者の心理はきちんと理解しての、対応があっています。
だから、、
信頼してデビュー戦を乗り越えてくださいね。

スガ歯科治療には医療用語は不要。
<信頼して、治療に協力すること。>が一番のよくなる近道。

治ったが勝ち!!。
いくら、医学用語を積み重ねたって、<治ったが勝ち!>

・・・・これだけでいいです。

治ったが勝ち!!<やる気>のみ。
そして・・・めざせ卒業!!。

===============

バアチャン、今月から、文章を短くします。

子供から言われました。「長すぎる!」と。

「ンだな。」

他の方のブログは短く読みやすいです。

私のブログは自分で書いたのに、読んでいても頭が痛い。

カテゴリの整理はあれから、放棄したまま。読み返したくもない。
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、63歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、長いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。すっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。それまでのドクターショッピングを覆す、口腔顔面痛を伴う顎関節症と初めての診断。、後に線維筋痛症友の会でステージⅤと。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、山あり谷ありを経て、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛を伴う顎関節症>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、何を書いてあるのか・ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科での根治情報だけでなく、別物<ドア1枚外>で得た軽減情報も必要だと思うようになりました。

精査、選択は患者さん自身に。

おしゃべりすれば、元気も出ます。
コメントは拍手から入れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード