スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日でブログ終わります。

12月も残り少なくなってきました。

今月をもってブログをやめたいと思います。

長い間、読んでいただきありがとうございました。
様々なコメントもいただきました。
本当にありがとうございました。


菅先生には11月、お伝えしました。

笑って、「良く続きましたね」と。

我ながら、よく続いたもんだと思います。

昔、1年だけのつもりではじめましたが、
もうやめる・もうやめるとオオカミ状態になって
ここまで来てしまいました。

ここまで続けて来られたのは、
やはり 出会った患者さん方のおかげだと思います。

不思議なもので
絶対出会う事もなかった、接点すらなかった方々と
このブログを介し、
お会いすることが出来ました。

色々なおしゃべりができ 
遊んでいただいて、楽しかったです。

ありがとうございました。

10年、一区切りといいます。

激痛から解放され、
自分がしたい事は全部やってきました。
取り戻した青春ならぬ、老春。

楽しかったです。
・・今も現在進行形ですが。(笑)

また、
様々な症状を併せ持つ患者さん方に出会うたび、
色々な勉強をさせていただきました。

(本当に誰一人 原因・症状の同じ方はいませんでした。)

それらが全て今の私の糧になっています。

10年前、
スガ歯科のドアを開けていないなかったら、
今の私の全てが<ナイ>ものでした。

<<元気・普通>>が
どんなにありがたいことか
身に染みてわかったこの10年でした。


一区切りもしっかりできました。

来年は年明け早々、
ばあちゃんと呼んでくれる孫がもう一人誕生の予定です。

介護という文字も迫ってきています。

(不思議なもので、
当時は、介護されている立場でしたが
今は、介護する立場に変わりました。)

来年からは、今以上に忙しくなりそうです。

<ドア1枚>、
開けただけで
自分の人生が180度変わりました。

スガ歯科の皆さんには、感謝しかありません。
~~~~~~

このブログはあくまでも<かぼちゃの場合>です。

何度も書いていますが、
スガ歯科で出会った方々は
全員自分のマイストリーをお持ちです。

そして、その内容は、全部違います。

(皆さんがブログを書いたら、
目からうろこ・世の常識が変わってしまう
とても面白いものが出来ると思っていますが。笑)

 **

生意気な書き方ですが、
(先生、ごめんなさい、先に謝っておきます。)
一言でいえば、

【菅先生は研究者であり、熟練の職人さん。
スガ歯科は研究室であり、その実践場所。
奥さま、亜里沙先生はじめスタッフは職人の集団。

一人一人、
オーダーメイドの歯科治療。

神の手。】


菅先生の歯科技術があってこそ・の・・、
スガ歯科治療があってこそ・の・・、
顎関節治療・線維筋痛症治療だと思っています。

私(かぼちゃ)は 菅先生の数ある技術作品のひとつ。

昔も今も、考えにかわりはありません。、


ブログはこのままにしておきます。


世間の常識、
治療方法は<ない。>
という言葉にあらがい
<あったよ。>
<それって、治るかも。>
と、書き続けただけのブログです。

で、卒業してからは、
【どうせ顎関節治療しても、すぐに悪化するもの。
顎関節症の治療って<ないよ>・】と。

・・それでは自分自身の体で人体実験してみようと、卒業して5年。

で、世間の定説?にあらがい、
【全然、悪化しとらんよ。(していない・)】
と。、

で、
線維筋痛症の治療も
世間では<ない>らしいですが、
スガ歯科では<ある>と。
(正し、先生の守備範囲内であれば。)


何をとっても、
年寄りの反抗期みたいなブログです。(笑)

 ==========
医科では上手くいかなかった治療でしたが、
統合医療のもと、薬をを抜き
顎関節症治療の歯科治療で完治。

・・・で、
医科・薬を使う治療とは全く違う考え方とアプローチを
紹介しています。


顎関節症、線維筋痛症は全身に影響をおよぼしています。
・・・もとい、
歯科だけが原因だけでなく
全身のどこかが、(思いもしない過去の体へのダメージが)
引き金となり、
しだいに姿勢を崩し、
それが呼び水となり・・
それをかばうために別の所がおかしくなり・・・、
時間をかけ、雪だるま式に全身が悪化。

その起因・原因が、
病気だったり、
事故、怪我、骨折、捻挫、
(→このあたりの人は股関節が悪い人が多かったように思います。)
クセ、ストレス、仕事、パソコン、スマホ・・、
歯科治療がきっかけになったり、
インプラント治療がきっかけになったり・他、
書き出せば、キリがないくらいたくさんです。

→つまり姿勢に影響、。

もろに受ける筋肉の歪み,ネジレ。

歪め・ネジレるその力が次第に全身の筋肉に波及。
益々歪み・ネジリ上げてきます。
筋肉量は減少し、片より・次第に硬直。
時には骨のようになった筋肉(筋)。

身体中にアンバランスを起こしています。

(私は、このブログに、
自分の体が雑巾になったように、絞りあげられたと書いています

痛みで次第に動けなくなると、筋肉量は益々低下の一途。
その筋肉が歪み、ネジレ・・絞られて・・
身体中が固くなりツッパリコッパリに。幽霊のような姿でした。)

 →今なら、良くわかる昔々の私自身の姿です。
  

顎関節症、線維筋痛症は自分の過去全てが起因、原因のよう。

【痛み】は積み重ねの結果のよう。
歯科治療だけでは、話は済まない話です。

よくなりたいと思うならば、
歯科治療と共に
自分の過去の全てをしっかり振り返り・見つめなおし、
(そこまでもどり自分の体を修正・修復するつもりの)
自分自身の努力も必要です。

顎関節症さん、線維筋痛症さんは想像以上に手ごわい相手ですよ。

 ◎硬くなった筋肉を緩め・新しい筋肉を作り治し、
 →筋肉の再構築。
 ◎病気があるなら・・、
 →自分で調べましょう。リセット出来る可能性があるかどうか。
   医科が全てではない・と今回思いました。
   治った方の話は治療方法を選ぶ選択肢の一つだと思っています。
 

全て臨機応変に。
上手くいったら、めっけもの。

(皆さん 良かれと思い
【,筋肉を緩ませる】つもりで様々なことをされてこられますが、
殆どの場合が・結果・【逆に筋肉を硬くされて 悪化させている】
場合が多かったように思います。
・・・皆さん まだ、世間を信じていた大昔の私と
同じ事ををされています。

   出会った方々は、その意味に気づかれ、
   自分がやってきた事を後悔されています。 )

      ~~~~~

これが、
私の線維筋痛症、顎関節症の成り立ちの見方です。

だから、歯科治療と共に
地道に一つづつ、取り除くしかないと思っています。

簡単に言えば、
自分の身体を一つづつ、修理、修正、修復しながらの
歯科治療が必要です。

【病院に行き、薬を飲めば・・、
治る・押さえられる・何とかなる・なんとかしてもらえる。】
なんて、逆立ちしてもあり得ない話だと思っています。

(→そんな次元のものではないと思っています。)

<全部自分が作ったもの>・
と気持ちの受け入れが出来れば、
早くスガ歯科卒業が出来るように思います。




寒さも厳しい季節です。

どうぞ、お大事に。
身体を温めてお過ごしくださいますように・・。


ちょっと早いですが、
良い年をお迎えください。


長い間、読んでいただきありがとうございました。

             かぼちゃ。

スポンサーサイト

無題

突然連絡が入りました。

うずくまって、私の到着を待っていた親戚。

?? いつ ソンナ 歳になってしまったの??
??一体 何があったの??。

初めて付き添い、診察室の中へ。

~~~~
~~~~

聞き覚えのある薬の名前。

いとも簡単に増やされていきました。

なんで、それが必要なのかわかりませんでした。



(一時、多量の薬が処方され、
おだやかだった親戚が 攻撃的に変貌してゆき
体調を崩していきました。

やっと薬を減らし、
元に戻ったところでした。)

聞けば、最近新しい薬が追加されたと。


=====

飲み忘れがないようと、何度も声をかけられていました。

親戚は処方された薬を大事そうに持って帰りました。



今、自宅に帰り、これを書いています。

ネットの中の添付文書を読んだところ
親戚が訴える症状が書いてありました。

・・・だから、増えたのね・・・。


久しぶりに大昔を思い出し、フラッシュバックしています。

昔々・・大昔、
私もそうだったなあ・・。

そして 壊れていったなあ^~。


吐き気とガンガン頭痛がしています。
心臓がドキドキして、指先が震えています。
泣きたい心境に陥っています。 



信用し切っている親戚です。
横から、余計なことは言いません。

このブログに吐き出します。

この齢で初めて・・。

(写真上でポチッとすれば、全体が見られます。)

~~~~~
友人から誘われれ、朝から、、阿蘇内牧「アートチ ホール」へ。

友人が「お世話になっている」というご夫婦の
お父様・村上尚義さんの個展を見に行きました。


(平成29年10月12日付け・熊本日日新聞に
お父様の顔写真付きで この作品展の記事が載っています。)

熊本には 
洋画家・坂本善三さんというとても有名な方がおられますが
その方に教えを頂いた方とか。

(友人は、
 「以前、その坂本善三さんの子供さんと一緒に仕事をしていた」と。

  世間は狭いですね~。)


大作がズラリ。

絵心なんて全くない婆ちゃんです.が、
初めて とても暖かいものを感じました。

生活の一部を切り取り、抽象化。
見方によっては、色々な取り方と想像が膨らみ面白かったです。

(このくらいしか書けない、
素養の無さと感性の無さが恥ずかしい・・。)

2017(29)10月12日作品展



去年の熊本地震以来、阿蘇から遠ざかっていました。

地震で削り取られ、 山肌があらわになった 
大小の幾筋もの傷跡を直接目にし
あらためて自然の恐ろしさを感じました。

1年半前の地震当時が思い起こされます。

でも、コスモス、ススキ・・秋の色に染まる阿蘇谷、
遠くに阿蘇五岳の涅槃像・・。



やっぱり、阿蘇はいつ来ても素晴らしい所です。

ついでに~~~~~

先日は小町泉水公園に行ってきました。
http://kumamotopark.net/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E6%B3%89%E6%B0%B4%E5%85%AC%E5%9C%92

小野小町の生誕地だと案内板に。

小野小町の生誕地泉水公園

小野小町の生誕地

エ^~ッ ホント?

案内板の文字は確定的な雰囲気が漂っています。

あの小野小町の生誕地だってことを、
熊本県人のどれほどの人が知っているのでしょう。

・・ばあちゃんも知りませんでした。
  じいちゃんも知りませんでした。

熊本県人でもほとんど知らないのでは??



東北、秋田県の話だと思っていました。

色白のはかない美人伝説ですが、
日差しも強く、ただでさえ火の国とも言われる
強いイメージがある熊本では 
ハナから似合わない小野小町の生誕地。

(確かに、
婆ちゃんが知っている秋田県の方は色白で美人です。
婆ちゃんは真っ黒です。

真っ黒い小野小町を想像しただけで、ゲンナリ。笑

遺伝子の話までいけば、納得できますが、
そこまでいけば、興ざめというもの。)


なんせ、千年以上も昔の話・ロマンあふれる話です。(笑)

それにしても、もっとメジャーになってほしいなあ~と思いました。笑






アイパッドから。

パソコンが、
ネットに繋がらなくなって、かなり経ちました。

なぜかしら。

そのうち機嫌を直してくれるかなと思っていましたが、無理みたい。

業者さんに頼むしかないよう。


最近、
この歳になって、親知らずがチョコンと顔を出して来ました。

イヤだな、、、、。

出てこんでもよかとにね〜〜〜。

(出て来なくてもいいのにね。)

手術で余った人工血管だそうです。

お腹の手術あとを見せて頂く機会を得ました。

大動脈解離。

この、人工血管が心臓から、お腹まで入っていると言われました。

手術が終わり、
看護師さんが、「残ったから・・」、といって
持ってきてくれたそうです。

(↓写真の上でクリックすると全体が見れます。)
2016 10月18日 大動脈解離 人工血管①

2016年 10月18日 大動脈解離 人工血管⓶

(知り合いが、
大動脈解離を起こし、人工血管に。

また、身内が
人工透析で詰った血管を
人工血管に置き換える手術に悩んいたことを思い出しました。)


大きくて、ふわふわと柔らかくて
水道管のホースみたいでした。

絵や写真、話でしか知らないものでしたが、
実際に手に取ると、
自分で勝手に想像していたものとは大違いでした。

言葉にはできませんが、
自分の中で何かが壊れていくものを感じました。

こうして
ホンモノを直接見ることが出来たこと、
こんな機会に出会えた事、
本当に貴重な経験が出来ました。

なんのテライもなく、
服をまくり、
大勢の前で、
手術の傷跡をみせてくださり・・、凄い傷跡でした。

感謝です。
ありがたです。

~~~
今、
ナニかあれば、
その話を直接聞くことが出来る環境にいます。

今の医療を経験し、
信じた其の医療にi行き詰り、放り出され、
疑問と不信をもった者の集まりです。

皆さん、病名は違いますが、
程度の差こそあれ、
ばあちゃんと同じような経験しておられ、
とても、話が合います。


<助かりたい。>
<助けたい。>
<自分の話が 誰かの参考になれば・・>

皆が協力的。、
何かあれば情報と知恵を出し合っています。

(これって、今は嫌われ用語かもしれませんが、
<<おせっかい・余計な世話>>かも。笑

でも、黙ってはおられない、
熊本県人の特質にピッタリ合っているよう。。笑)


今の医療で行き詰ってしまった姿。

その方がたが、目の前で改善していかれる様子と姿。

本人が話す<経過>は、大きな驚きです。

人間の体って、不思議不思議ですね・・・。

そんな機会があることが嬉しく、有難く、勉強になります。
みなさんに感謝のみ。。

 
病名を聞けば、
ヒキツリそうな恐ろしさ。

でも、皆さん笑顔。

だから、ちっとも怖くない・・。

このギャップがとても面白く、実に楽しいです・・。(笑)

  ナニが本当で、、
  ナニが嘘か・・。

(何とかなるかも。何とかなったらいいなあ~。)

絶望から、希望へ。

皆さんの話を聞きながら・・、自分で感じる思いです。

これからも
【直接 目の前で会い・人を信じて行きたい】
と思います。



=================
=================
<線維筋痛症は顎関節症との足し算説>を取っている婆ちゃん。

(これで、顎関節症以外の部分の引き算が出来たら、
・・・メッケモンだよね。。)

そう思いながら、聞いています。
私自身の為に、
人様から、教えて頂いていただいているように感じます。
プロフィール

カボチャ55

Author:カボチャ55
熊本在住、63歳主婦。
2007年スガ歯科受診。エチラン(余計な)事をしたばかに、長いこと留年の身になっていましたが2012年4月20日歯科治療終了・卒業生になりました。すっかり痛みは消滅。全てが過去の話になり普通のオバサンをしています。

たくさんの医科・歯科をさ迷い・寝たきりに。「どこも悪くない」「顎関節症ではない」「治らない」「アナタを治せるのは日本中、世界中にもいない」と言われ続け、ヤット出会ったスガ歯科。それまでのドクターショッピングを覆す、口腔顔面痛を伴う顎関節症と初めての診断。、後に線維筋痛症友の会でステージⅤと。

あの激痛は治療開始後少しずつ、歯科治療が始まるとぶり返しながら、山あり谷ありを経て、自然と消えてしまいました。このブログは普通の生活の戻り・絶対バックしないと確信・そんな完治状態になってから、始めたブログです。卒業をもって名実共に、完全に<医科・線維筋痛症>、<歯科・口腔顔面痛を伴う顎関節症>を完治し 今毎日元気に動き回っています。

このブログは私の仮歯・本着段階から始まっていますが、他の内容はアッチに行ったりコッチにいったり・・・。今でも思う、180度違う歯科治療を<スガ歯科パクリのバアチャン仕様>で書いています。現役患者でも、何を書いてあるのか・ナゾナゾ。8~9割治療が済んで、ヤット初めて<そいういことか・と意味が分る>内容です。
ーーーー
(2016,5/15言いたい放題ーーお知恵をください。平成28年熊本地震)から。

お知恵、ありがとうございました。
根治(完治)には、スガ歯科治療が絶対必要で、このブログの前提条件になっています。

2016年(28)4月 熊本地震発生。
一瞬で日常が崩壊。
熊本は大きな傷を負いました。

大きな混乱の中、歯科での根治情報だけでなく、別物<ドア1枚外>で得た軽減情報も必要だと思うようになりました。

精査、選択は患者さん自身に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。